全日信販ホームページTOP / AJの社会貢献
 
title

AJ・AMDAカードは世界のための名脇役。
AMDAを通じて社会貢献(ボランティア活動の支援)を実現する募集と資金援助をします。
image

AJ・AMDAカードとは?

●ショッピング、キャッシングご利用金額の0.5%(AJ負担)を資金援助
「AJ・AMDAカード」をAJの加盟店で、また、キャッシングでご利用いただいた場合にご利用金額の0.5%を援助金(全額AJ負担)としてAMDAへ提供させていただきます。現金や、他のカードでお買物されるかわりに「AJ・AMDAカード」をご利用いただくだけで、自動的に資金援助が行われる仕組みとなっています。
さらに、VISA加盟店でのお買物についてもご利用額の0.1%を援助金として提供させていただきます。

■AJとAMDA
1995年1月に発生した阪神淡路大震災は、テクノロジーがいかに発達しようとも自然災害に対しては、人間はいかに無力なものであるかを私達にあらためて知らせてくれた出来事でした。弊社も神戸支店が被災しましたが、いろいろな方々のご支援等を賜り、本当に心強くありがたい気持ちでいっぱいでした。こうした体験を通して、弊社ではすでに発行していた「AJ・AMDAカード」によるこれまでの社会貢献に加え、社会活動への対応をもう一度見直し、何ができるかを検討していく必要性を痛切に感じました。
ご周知のとおり、AMDA(アジア医師連絡協議会)は、弊社と同じく岡山に本部を置き、世界各地に支部を持つNGO(民間公益団体)として、日本やアジア各国の医師を始め、職員やボランティア(学生・主婦・社会人)など幅広い層の人たちが活躍しておられ、阪神淡路大震災を始め、世界各国に救援の手を差し伸べておられます。阪神淡路大震災を契機に弊社では、「西のジュネーブ、東の岡山、AMDAがつなぐ世界の人道救援大国!」と熱い気持ちで頑張っておられるAMDAに対して、これまで以上に力を注いで全国の皆様と一緒に応援していければと願っています。

●AMDA(アジア医師連絡協議会)とは?
1984年AMDA設立。しかし、活動の原点は更に5年前にさかのぼります。カンボジア難民救援にかけつけた1人の医師と2人の医学生が、熱意だけでは全く活動できなかったことに始まります。“Better Quality of Life for a better future”を理想に掲げ、BESTよりはBETTER、まずは実行を旨に、海外から国内まで保健医療活動を実施しています。岡山に本部を置き、世界各地に支部を持つNGOとして、日本やアジア各国の医師を始め、AMDA職員、ボランティア(学生・主婦・社会人)など、幅広い層の会員たちが活躍しています。1995年6月、国連NGOカテゴリーに認定され、同8月にはAMDA Internet Stationhttp://www.amda.or.jpを開設しています。

AJの社会貢献 最近の活動
2015年5月20日
全日信販は2015年5月20日、岡山市に拠点を置き、国連総合協議資格をもつ認定NPOアムダ本部にて、第38回目となる寄付金の贈呈式を行いました。
当社は、岡山から国際人道支援の環を広めていくパートナーとして1996年から19年に渡り累計3,700万円の寄付金を通してその活動を支援し続けています。贈呈式には当社から2名が出席し、森下営業本部長よりAMDAボランティアセンター長・小池彰和氏に寄付金が手渡されました。また、AMDAより長年におよぶ活動支援に対して感謝状が贈られました。
2014年11月19日
AMDA(代表:菅波茂氏)本部にて、寄付金の贈呈式を行いました。
 
copyright